フットボールと音と映像がスイングする世界をうごめく所


by pivote-21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
football
Música
place
manga
human
expression
book
movie
fashion
video game
animation
feeling
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

link

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ファラオ・サンダースのサックスを聴きながら


c0178114_0101744.jpg


背番号にまつわる物語 2



写真はオランダのトータルフットボールの代名詞
「フライングダッチマン」、 ヨハン・クライフ


前回は1~11でした。今回は12~どこまでもです。
とにかく気になるものをあげていきます。

で、昔のかんがえなら12からあとの番号は控えメンバーという感じです。
しかしながら今日ではいろんな選手がこだわりをもって12以上の番号をつけてる気がしてます、意図的に。
クライフは14を好んでつけてました。たしかクライフが活躍していた74年ぐらいのオランダ代表の番号のつけ方は前回言ったとおりの名簿順です。がしかし、クライフの名簿順からすると14番目ではなかった、そこででも彼は無理やり14をつけていた。
というようにやはりいろんな選手はこだわりがあって背番号を選んでます。

そういえば、1998年以降のフランス代表の背番号は変化がないです。
というのは、98年の優勝したときの背番号を常に彼らはつけてます、これは一種のげんかつぎ的なものだと思う。アンリは12、トレゼゲは20、といった感じにつけとります。


ということで、12番はキーパーって言う感じです。12番目の選手ということで12番をサポーターのナンバーにしてるというケースがある。


13番はイタリアのネスタが好んでつけてますね。なんかそのイメージでディフェンスっていう感じがしますね。さらにバラックも好んでつけてます。


14番はこれまた神聖な番号かなと思います。これはクライフ以降の世代におおきな影響を与えた番号。14といえばファンタジスタな番号、やはりクライフの作ったイメージがものすごく大きいです。このナンバーは何でもできそうなテクニシャンです。クラブでの背番号としてアンリがつけてますね、似合います。


15、16、17っていうのは無難に響きがいいかも、どこのポジションでもフィットしそうです。
17っていうのは勝手なイメージですが、黒人のセントラルハーフなイメージがあります。ディアラとかいいですねえ。


18は良い番号です。まず、バッジョがミランにいたときに10番があいてなくて18番をつけてました。さらに良いフォワードが18をつけたら似合うイメージがあります。城が18でしたね。
MFから前のポジションが18だったらいいです、元チリ代表のイヴァン・サモラーノがインテル時代に9番をつけていたが、ロナウドの入団で19をとられた、そこで彼は考えたのは18をえらんで1と8の間にテーピングで+を書いた、これにより1+8で9となるようにした。というふうにうまいことして9番をつけてるという意味にしていた、まあ自己満足ですが、彼なりの背番号へのこだわりがあります。


19はFWかな、サイドハーフでもいいけど。なんか高原って感じします。
19って何気にかっこいいかもしんないです。


20はレコバのイメージ、さらにはデコもつけてます。一つの仮説として10番がつけれないから20番にするみたいな考えもあるのでは?と思います。でも20ってレコバやデコのイメージどおりテクニシャンでイッパツでゲームを変えれるようなそんな意味があるように思います。


おまちかね、21番です。21ってものすごくかっこいいです。まずどこのポジションでも合うような気がします。FWがつけるといい、MFでもいい、というのもまずは元イタリア代表のビエリなんです。彼の力強く、どんなボールでもゴールに結びつけるやらセンターフォワードといったプレースタイルが21番を良くさせた。またユベントス時代のジダン、バレンシア時代のアイマール、ミランのピルロ、などなどレジスタな選手、司令塔な人物もつけてました。でも僕からしたら21は点取屋なんです。どうしてかこの番号に引かれる。


22番はサイドバックです。まあどこでもいいかもしれないが。


23番はベッカムがレアル・マドリーに移籍したときにみずから選んだ番号、実はそれから23っていいかもと思い始めました。バスケットNBAでマイケル・ジョーダンが23番をつけてました。バスケ界では23が伝説的な番号です、たぶん。ベッカムはジョーダンが好きだから23を選んだといってました。憧れからつけたというわけですね。まあいいんじゃない。


あとはとんで32番。32はまたでてきますが、ビエリがクラブで好んでつけてた番号、また高原もつけてましたね。やっぱこれはFWのイメージ。そういえば最近ベッカムがミランに移籍したときに32でした。


あとはとくにふれません。



とまあ、12以上でもこれだけなんか、選手名やこだわり的なものがでてきます。
ここではやはり14が10と同じくらいの扱いをうけてるかもしれないということ、ある選手が作り上げたイメージは時として全世界の人々に影響を与えるくらいなものになるということ、そんな考えが背番号にこめられてるんじゃないかな。

やはり、背番号にこだわりをもっていきたい。
[PR]
by pivote-21 | 2009-01-25 01:04 | football