フットボールと音と映像がスイングする世界をうごめく所


by pivote-21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
football
Música
place
manga
human
expression
book
movie
fashion
video game
animation
feeling
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

link

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

understanding univarsal


クロアチア人で、バイエルン・ミュンヘン所属のオリッチってかなり良い選手ですね。

人一倍走り回って、ゴールまで決めちゃう、嫌いなわけないです。


ふと思ったことで、

3月にある人たちと一緒に居酒屋的なところに入って、ご飯などを食べてしゃべってました。
その店の近辺は大学があるので、学生が多い場所です。
それで、店に入って数分したら、ちょいとむこうのほうでクソ関西大学生が、「飲みコール」みたいのをはじめやがったのです。

かな~りうるさくて、何回も「お前の飲むとこみてみたい、それイッキイッキ」みたいな感じでアホみたいに、
はしゃいでた。
完全に私たちの楽しい落ち着いたトークはそれのうるささに持っていかれた感じで、ごってうざかったです。

しかし、私たちの話の話題が盛り上がってくると自然にその関大学生のアホみたいな飲みサークルのような、
クソみたいなものには耳がいかなくなってきた。


ここで言いたいことは、

自然とあふれ出るモノのパワーには、作られ、形成されたモノには遠く及ばないということだ。


クソ野郎どもが、行っていたのは、

あくまで「盛り上がっているというのを作っている」
     「盛り上がってるフリをしている」      ということだ。

彼らは、本当に楽しんでるのか?楽しんでるとしても、マジで笑ってるのか?
本当に楽しい酒が飲めてるのか?
う~~む

本当に楽しい酒の場って、各々で笑顔で笑いながら、ワハハと酒を飲むというのが、真実なのでは?
他愛もない話で盛り上がってるときに自然にあふれ出る自分たちの楽しみで酒を飲むのが一番だろ。

こういうことは音楽でもなんでもいえることだ。
自分たちが表現したいことをすることが、一番美しく、そこに真実がある。
ある程度の決まりきった形にはめたものの中でしかやれないことなんて、
規則に縛られたことなんて、いいものはできねえな。


ということをもやしもん8巻をみてて思いましたん。

c0178114_0561239.jpg

[PR]
by pivote-21 | 2010-05-01 00:56 | feeling