フットボールと音と映像がスイングする世界をうごめく所


by pivote-21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
football
Música
place
manga
human
expression
book
movie
fashion
video game
animation
feeling
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

link

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

マイスターは真面目にふざける。


ワールドカップも中盤で、ベスト16がそろいましたね。

いろんな個性ある顔ぶれで、これからも面白いフットボールを楽しめそうな予感です。

一言感想、グループリーグ総括


Aグループ

c0178114_0393095.jpg


メキシコのファンタスティコー・フットボールが印象に残るグループ。
マルケス、グアルダード、サルシド、ジョバンニ・ドス・サントス、ベラ、ブランコなど楽しいフットボールをする選手が多いので、楽しめた。個人の力も素晴らしいので、今回のメキシコは良いチームだなと感じる。
ウルグアイもしかり、スアレス、フォルランの2トップは破壊力があるね。中盤のペレスもいいクラッシャーだ

フランスは無視して、
南アフリカはインパクトはあるけど、薄いんですよね。


Bグループ

c0178114_0473428.jpg


まあアルゼンティーナですよね。いろんな選手がゴールを決めた。
メッシはあのポジションでがんばってる、アグエロだってキレキレ、パレルモはゴールを決めた!!
ただこれからドンドン強くなってくる相手にこの人材でいいのかなと思ってしまう。
マスチェラーノがいなくなったら終わるだぜ。
韓国はタフで攻撃的。失点こそ多かったけど、攻撃的なのは好感がもてる。
ナイジェリアのキーパーはよかったですね。


Cグループ

c0178114_0512292.jpg


ドノバンと愉快な仲間たち、アメリカ代表。
奇跡のアメリカとかよくわからん名称で呼ばれてるが、奇跡ではないよ。
アメリカは明らかに着実に力をつけてきてるし、それが結果として粘り強く現れてきている。
もともとスポーツ大国USA、身体能力の高さがある。速いカウンターで一気にゴールに迫る姿は魅力的。
イングランドはだんだんコンディションを上げてきている。3戦目、ルーニー、テリー、アシュリー・コール、ジェラード、デフォーといった面々がいい動きだった。まあなんといってもテリーの「くそったれーーー」です。
スロベニアはよかったけど、最後は力尽きた感があった。

Dグループ

c0178114_0593012.jpg


ドイツはやはりゲルマン魂を持っている。
ドイツってワールドカップをどこでやっても強い感じがする。何かパワーの違いかな、何かもってるよね。
ただ若いチームなだけに集中力といった点でこれから勝つかどうかとなと。強豪と呼ばれる国と当たったらどうかな。
ガーナは最初はインパクトを受けたが、結局PKでしか点を入れてない。この先の不安を感じる。
セルビアはいいチームだったが、いろいろタレントがそろっていたのだがね。


Eグループ

c0178114_151253.jpg


本当にうれしい。
組織力、戦術面の評価では明らかに一番だった日本、ただオランダには個人の力でやられた。
しかし中盤の連携、必殺フリーキック、走り勝てる戦術はオシムイズムの賜物。
ただベンチワークではもっと大胆にできるはず。岡田監督の課題だ。
オランダは危なげない勝利でしたね、日本以外では。
カメルーンは期待はずれ、デンマークもそこまでの脅威はない、日本とオランダの勝ちあがりは必然だった。


Fグループ

c0178114_195157.jpg


スロバキアの勝ち抜けはまさかでしたが、ハムシクなどタレントはそろっていた。
パラグアイもかたかったね。
イタリアは期待はずれ、中盤が弱い、まだファビオ・カンナバーロに頼ってちゃだめ。
ディ・ナターレも微妙、ただ国歌は素晴らしい。


Gグループ

c0178114_112328.jpg


セレソンブラジレイラ、ドゥンガのかたさが目立った。
やはりブラジルはブラジル、こいつらは強い、しっかり勝ってくる。
特にマイコンのすごさが目立った。彼は世界一の右サイドバックだ。ダニー・アウベスが控えだし。
ポルトガルは北朝鮮戦だけでした。ロナウドが抑えられたら何もできないのか、特に脅威を感じない。
コートジボワールも惜しかったな。今回のW杯でチョン・テセがフットボーラーとして嫌になった。


Hグループ

c0178114_1164795.jpg


やっぱチリだよ!チリ!
ビエルサすごいよ、ビエルサ!!サンチェス、キレキレだす。
面白すぎるフットボールでスペクタトーの連続。パスは繋がる、人は動く、個人技すげえ、例えゴールを奪えなくとも、人を魅了するシステム3-4-3のフットボールは素敵過ぎる。
結局スペインも勝って来たね。
今大会ナンバーワンプレイヤー、シャビ・アロンソのロングパスはただただ、ため息・・。
ビジャだって3点決めてるんじゃい。スペクタトーなフットボールはスペインだってできる。



とうことで、やっぱり世界に驚きを与えたという点で日本のベスト16は誇るべきこと。
これは快挙ではなく、必然だった。信じてよかった。
まあ、岡田監督はまだ支持してないですけど、パラグアイ戦のスタメンをどうするのか心配。
これまで、選手を固定してきたので、疲労の蓄積は隠せない事実。
オランダ戦かデンマーク戦はちょっとでもイジるべきだった、もしくはベンチワークを活発にもっと早く選手交代などをするべきだったのでは。ゲームは続く、勝ったからよかったではなく、決勝トーナメントも想定した戦術、選手の使い方、を考えないといけない。
リーグ戦ではないタフな一発勝負のW杯なので、次に繋がるようなゲームをすることも必要。
南米のチームというのが嫌ですね、ただパラグアイは南米のチームの中でも守備が強いチームで、ヨーロッパ的、個人の力もあるけど、組織力で当たってくるチームという印象が強い。
おそらく比較的やりやすい相手ではないだろうか。
タレント力はあるので、底力はあるだろうよ。

ここにきて、日本の戦術が当たっているので、走りと人数でボールを奪回して一気に攻めに転じるサッカーは脅威を与えるだろう。明らかに他のチームより走ってる感じがする。


とにかく僕たちにスペクタルを与えてほしい。

遠藤さんがいいよ!!!!


P.S. JUJUのマイラバのカバー曲がだめだめでした。なめてんのか。
[PR]
by pivote-21 | 2010-06-27 01:34 | football