フットボールと音と映像がスイングする世界をうごめく所


by pivote-21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
football
Música
place
manga
human
expression
book
movie
fashion
video game
animation
feeling
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

link

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

戦える人材は必要だ


最近は

けいおん < ANGEL BEATS!

の図式が出来上がってしまっている今日この頃の出来事


だいぶ前から楽しみにしていた

すぎやまこういち指揮 京都交響楽団 交響組曲ドラゴンクエスト6 コンサートに行きました。

c0178114_053389.gif



初めてのクラシックコンサートでしたが、バンドとは違う魅力があり、すごく感動しました。
そもそも、自分のルーツはすぎやまこういち先生なので、初めてのすぎやまこういち先生にも感動。
ゲームが好きだということで、小さな頃から、ゲームをやってきてそしてもちろんドラクエの世界にも触れてきたが、そこで初めて買ったCDがドラクエ4のサントラ。
そうだから、このコンサートに行くのは遅すぎるくらいだった。

クラシックのコンサートってやはり指揮者を見るのが面白い。指揮者が指示したところから音が出てくるというのが見てて単純に面白い。
京都楽団もほぼノーミスで演奏しまくるあたり、プロとしての在り方を感じさせてくれる。
次々に襲ってくる音の波にただ聞き入って、出る箇所出る箇所を追っていた。

今回、ドラクエ6の曲ということで、やはりこれも思い入れが強すぎる。実はこのドラクエ6のCDは小学生の頃に発売日に買いに行った思い出がある。
序曲、城の曲、町の曲、戦闘曲、フィールドなど曲が流れていく中、カジノの曲が特に印象的で、なにか1930、1940年代のJAZZのビッグバンドのような雰囲気をもった曲だった。

美しく過ぎていく時間の中ですぎやまこういち先生もひとつおもしろいお話をしていただきました。

都会には絶対に交響楽団のようなオーケストラができる音楽楽団を持っている。

これは例えば、オリンピックの候補地を選ぶときなど、その土地、例えば東京に楽団がなければ、絶対にオリンピックの候補としては選ばれないらしい。やはり楽団がないと省かれるというのだ。

京都もこういった楽団を持っているということで誇るべきことだとすぎやま先生は話してくれました。
やはり音楽とは、時代の何かに関係があったり、例えばそれの手助けをしたり、自分がメインになったりと世界には音楽というのがエンターテイメントではなく人生を生きる上で必要なものかなと感じた。

まあとにかくこういうクラシックは1回は行ったほうがいいものだと考えます。


あと一つ、人との出会いは自分を成長させる。と改めて感じた。
[PR]
by pivote-21 | 2010-08-26 01:11 | feeling