フットボールと音と映像がスイングする世界をうごめく所


by pivote-21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
football
Música
place
manga
human
expression
book
movie
fashion
video game
animation
feeling
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

link

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

EINSTURZENDE NEUBAUTEN を特別講師に迎えたい


長友のデビューと宮市のデビューに心震えた最近です。


久々に

c0178114_0295040.jpg


僕が BEAT を好きな理由。

それは”生き方”がすきなんです。
ただ単にアウトサイダーではなく、ちゃんと意味があるんですよ。

世界に対する姿勢がどことなく共感できる。
そういうのが後から生まれてくる人々に影響を与えている要素の一つなんじゃあないかと。
彼らの表現方法である詩や文章ももちろんのこと、ケルアックの「路上」から受けられる彼らの生き様はとても美しく、尊敬できるものだ。

なぜアメリカの消費社会を批判するのか、というものでも彼らの言葉からは意図が見えてくる。それを知った上で、理解した上での批判。それを詩や文章で言葉巧みに皮肉る。
すさまじいインテリジェンスとひらめきがあるよね。

今の時代に必要なのは、彼らの創り出すような「作品に込められた意図と感情」
そろそろこんなんを重要視してもいいんじゃあないか。
単純に自分たちが面白いと思うからこれをやってみよう、こういう精神がフォローワーを生み出すことも考えられるだろう。
誰の言いなりになるわけでもなく自分たちが作りだす良いと思うものをそろそろ重視してもいい頃だと。
いいものに良いと悪いものに悪いといえる時代が来てほしいね。
だから日本の今の一般的な文化レベルは低いんだよ。
先進国でこんなカスなレベルじゃあ駄目だ、せっかくの良い作品どもが埋もれてしまう。


最近は楽しいものがあまり見つけられないです。
そういう時期なのかな、今はおそらく教養を高める時期なのかと自分で判断しています。

しかしながらBEATな感じの精神で共感できる人たちが少しでも周りにいることがすごいうれしいこと。
そんなバカ野郎どもに捧ぐこういった芸術作品!!

c0178114_0475236.jpg


c0178114_0491577.jpg


c0178114_0492671.jpg

バロウズについての本
これは狂気、というかいいよお
c0178114_0514082.jpg


c0178114_0521498.jpg

ビートニクに関しての映画
ケルアック役にジョニー・デップ、やつもケルアックの大ファンでBEATな粋なやつだった。
これを見ればビートの生き方が理解できるかも。

これらを糧にして日々勉強探求の毎日でっす。
[PR]
by pivote-21 | 2011-02-09 00:55 | book