フットボールと音と映像がスイングする世界をうごめく所


by pivote-21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
football
Música
place
manga
human
expression
book
movie
fashion
video game
animation
feeling
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

link

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

recent music


最近は忙しい日々でした、なにかとやることがあってね。

あっちゃこっちゃいってたわけですが・・・・。

でも新しいミュージックだけは探し続けてました。

あるCDレンタルショップでいつも借りるんすけど、やっぱあそこはすげ!

自分の中での整理というのも含め、ここでCD紹介だ!!!



アルバム名 / アーティスト名




極東最前線2 / オムニバス  

イースタンユースの有名なオムニバスです。いろんなアンダーグラウンドな人たちの楽曲が聴ける。特にtoeの曲が素晴らしい。




action packed / the action

60、70年代のブリティッシュ・ビート。ビートが良い。




asobi seksu / asobi seksu

citrus /

アメリカのシューゲイザー。日本人女性ボーカルのキュートな声とポップなシューゲイザーが震えるぜ。たまにみせる轟音がくる!




23 / blonde redhead

アメリカのポストロック。これまた日本人女性ボーカル。シリアスな雰囲気がいい




Hvis Lyset Tar Oss / burzum

ノルウェー・ブラックメタル。本当にヤヴァイ人。よかったらwikiでこの名前を調べてみてください。世の中にはこんな人もいます。心臓の弱い方はご注意。




Analphabetapolothology /  Cap'n Jazz

アメリカのポストロック。しかしややエモコアっぽい。joan of ark や promiss ring のかたがたのバンド。アメリカのインディーはいいなあって分からせてくれるバンド。




horse stories / dirty three

オーストラリアのポストロック。モグワイとか好きな人は好きかな。テクというより、空気感。




Souvenir / Double Famous

日本のリトル・クリーチャーや畠山美由紀とかがやってるバンド。民族チックでオリエンタル。




the futureheads / the futereheads

最近のイギリスのディスコ・ロック。グルーヴと速さがいい感じにマッチしてる。




Saint Dymphna / gang gang dance

アメリカポストロック的音楽の新しいバンド。バトルズに続け!ちまたで有名な方々!




going home / georgie fame

イギリス60、70年代ブリティッシュビート。オルガンを弾いて歌う人。この年代は雰囲気がある。




tokyo / guitar

honeysky /

ドイツシューゲイザー。これまた日本人女性ボーカル。ギターはもっと轟音でマイブラフォローワー。たまにみせるポップさがいい感じ。




グーテフォルクと流星群 / Gutevolk

日本のエレクトロニカ。世界観がいい、アルバムタイトルがそそるねえ。やさしいエレクトロニカ




buttefly / the hollies

イギリス60、70年代ブリティッシュビート。他のと比べると聴きやすいキラキラした感じがある。




a livingroom hush / jaga jazzist

ご存知ノルウェーのニュージャズ集団。テクあり、泣きあり、みたいな感じ。やっぱりこれは僕のツボです。絶妙なブレイクがたまんない!




repro / jazztronik

有名な日本の方々。安定してます。クラブミュージックです。




Ys / Joanna Newsom

アメリカのハープ弾き。フリーフォークな感じ、声がとても良い。おまけに美人、友達いわくめっちゃ可愛かった。




98.6 Best Of Keith / keith

アメリカソフトロック。美しいメロディが僕たちの心を締め付ける。ポップで聴きやすい




Myths Of The Near Future / Klaxons

イギリスのニューウェーヴ。ディスコロックな機械な感じがすごくいい。たまにこういうの聴くとすごく心が飛び跳ねるような気分になる。




no doy / moe.

アメリカのジャムバンド。さすがなアメリカンロックテイスト。ジャム~な勢いとカントリーよりな雰囲気が交じり合ってスパークしてます。




波紋クロス / nhhmbase

日本の東京のポストロック。変拍子使いまくり、ハイトーンヴォーカル。変ったのききたいと思う人にはおすすめ。ちなみにネハンベースという。




The Story Of The Ghost /   phish

hoist /

僕が尊敬してやまないアメリカのジャムバンド。心はヒッピー。とにかく存在感がすごい。こういうバンドに安息の場所をもとめるよな~。




Refusal Fossil / ruins

かの吉田達也のバンド。なんか攻撃的なサウンドが始まってグルグルまわる




Orochi Under The Straight Edge Leaves / Satanic Porno Cult Shop

日本のエレクトロ・音響派。たしか日本人女性ボーカルと異国のかたのバンドだったっけな?名前がインパクトあります、このアルバムも独特な感じ




Exiting Arm / subtle

日本のエレクトロ・音響派。なんかすげかった。マッシュアップみたいでぐちゃぐちゃしてるけど、繰り出す音の領域の広さがいい。おもしろい




The Angry Young Them / them

イギリス60,70年代ブリティッシュビート。若さはじけるビートに注目だ!




Hundred Sights of Koenji /  高円寺百景

吉田達也、率いるジャパニーズプログレッシブロック。フランスのプログレMAGMAとか好きすぎやろ!なんか日本のバンドじゃないみたい、豪華!




ざーっと書きました。もし参考になったらうれしいっす。
[PR]
by pivote-21 | 2008-10-29 02:02 | Música

覚悟はできてるか?!

c0178114_0364112.jpg



c0178114_0493499.jpg



ジョジョの奇妙な冒険の名言です。


キマすね~~。


今日はこれ聴いて寝よう。

c0178114_0534782.jpg


toe / new sentimentality

エモーショナルで壮大でunity。

哀愁でセンチメンタリズムでソフト感。

ダイナミズムでタイトで変化球。

感性を創造で凌駕する精密設計なフォース。

渋すぎるね。
[PR]
by pivote-21 | 2008-10-18 00:57 | manga

follow me , up to oneself!!!!


この前、グレートブリテン王国での戦友の一人であるKAIさんが遊びに来たときの話で、

印象に残った話題が一つ。


ある分類の人の話で、



「ああいう人ってなんか使命感をもってやってますよね~」


といったところ


「おれんとこで、そんな使命感とか真剣に言っても笑われるよ、難しい~~とか言って」

という何気ない会話の中でインスピレーションを感じました。




KAIくんよ、俺らは俺らであって何者でもねえぞって感じたよ。



つまりはそういう真剣なことを言い合える、生きて上で大切なことを話し合える仲ってやっぱいいですよ。

それはKAIくん以外の他の人にもいえることで、そういう友達はいまだに繋がってるよね。

みなさんそれぞれ自分たちのスタイルを確立してるからすごい敬意を表するよ。

キャラクターっていうのかな、かぶってるようでかぶってないとこが素敵。

これから知り合う人とか好きになるような女の子とかもそういうのであってほしいね。

引かずにあきらめずに噛み付いてきてほしいってことっす、理想は。

ということでインスピレーションを感じて勉強しよう。

もちろんついて来れない人は置き去りプレーで。



フジロックのインタビューにて、ジョー・ストラマーの激動の一言

「Why are you coming for , JOH? what do you want?」

「INSPIRATION!!!!!!」





c0178114_051033.jpg

[PR]
by pivote-21 | 2008-10-17 00:05 | human

シューゲイザー →


この前、レコーディングしました。

某MY大学の文化祭で、音楽コンテスト的なことをやるのでそのためにうちらのゼミで出場めざしオリジナル音源をつくり荒予選に挑みました。

本番は文化祭の日、ですがそれにいくにはCD選考みたいなんで審査があり、それに通らないとライヴはやれないって仕組みです。

そのためのレコーディングです。

そこで普通のポップスやロックをやるのはいやなんで、シューゲイザーで行きました。




結果、落ちました。


やっちゃったあ!!!




かなりポップに仕上げたつもりでした、たぶん聞きやすい感じだと思います。

が、なんで落ちたんかな・・・。

一応、作曲は自分です、演奏も全部自分です。

歌はうちのゼミの中国人の方です。歌、めちゃくちゃ上手いです、日本のアーティストとかと比べても負けてません、ていうか確実にそれより上手いっす。

たぶんですが、シューゲーザーがあかんかったんかな・・・。

昨年に同じようにうちの先生の学部生のゼミでコレだけのために組んだバンドでまったく同じ状況で選考に挑んだらしいですが、通りましたとさ。

なんで、去年は通ったのか?

青春パンクをやったらしいです。




だいたい分かりました?



そうです、俺が趣味に走りすぎたのです。

もしかしたら青春パンクをやってれば通ったんじゃないかな。

自分がつくったのはそこまでギターテクとかでいえばテクってるとこはないです、ギターソロとか早弾きとかないです。

こだわった部分は音作り、轟音の中にある美しさを表現したかったんです。

生なベースとドラムにギター3つとエフェクト効果、かなりマイブラを意識しました。

といっても日本人特有の切ない哀愁なコード進行と雰囲気を織り交ぜながら広大な世界を表現したつもりです。

審査ってだれがやるんかな?やっぱ一般受けはしないか・・・。

それでもかなり妥協はしました、音作りで。

もっとあーしたいこーしたいってのはありました。

それを自重して、ポップにしたんですが。

ま、ふつうにきゃぴきゃぴでかっこいいロックのほうがいいよねえ~~~。


ちょっと今音源がないので、今度このブログ上で音源をアップします。

そんとき解説とか交えます。

よかったらマイブラフォローワーっぽい音源を聞いてください。

そんときこれはムリとか受けないとか言ってもらえるとうれしいかな!

ではまた

これがイメージ↓

c0178114_2135996.jpg

[PR]
by pivote-21 | 2008-10-16 02:14 | Música

fantasista

FANTASISTAという漫画があります。

c0178114_054431.jpg


もう連載は終わってしまったんすけど、

『週刊少年サンデー』に1999年から2004年までで連載されていたサッカー漫画。
その名の通り、ファンタジスタな主人公をメインにそれを取り巻く物語。
島出身の主人公”坂本徹平”のサッカー生涯を描く作品。

ド派手なプレーがあったり、必殺技があったり、特殊な技があったり、すさまじい身体能力があったりするわけでもない。
キャプテン翼のようなオーバーヘッドキックばっかりやるような選手もいない。

あるのは、サッカーを通してのピッチ上における人間関係。
サッカーはコミュニケーションのスポーツっていうのをよりよく分からせてくれる漫画です。
サッカーにおけるタクティクス・システム・個の力・哲学・勝利学・プライド・欲・歓喜・感性・快感などの重要性、サッカーは人生の縮図と表現するこの漫画かなりリアリティを追求した作品だと感じます。
ここでのスーパープレーというのは相手のDFを意思の疎通のあったパスワークやひらめきで崩すプレーです、それは本当のサッカーと同じものだと思います。

特に勝利へのこだわりと意思はスラムダンクでの勝利学と似たようなところがあります。
勝利に対するメンタリティーの重要性はこの漫画から習うところがあると思います。

こういった内容の中に「FANTASISTA」という人種を組み込ませると・・・・というのがメインになってくるのかなと感じますね。
やはりサッカーの中でも異端なファンタジスタを現代サッカーにフィットさせるには、みたいな考えもあります。

自分はこの漫画がサッカー漫画のなかで一番好きです。

c0178114_1291167.jpg
スコットランドはエジンバラのハーツのスタジアムにて
[PR]
by pivote-21 | 2008-10-09 01:29 | manga

from UK the regend of FUJIROCK 2002 at RED MARQUEE


久々に90年代後半からのUKロック旋風が自分の中で巻き起こってます。

とくに最近聴いたなかで、”the MUSIC”がかなり良かったです。

c0178114_015319.jpg


イギリス リーズから現れた新世代のUKシーンを震わすバンドとして注目された。
ダンサブルでニューウェーヴな感じで電子音を駆使したグルーヴ感がたまらない音。
ヴォーカルのハイトーンヴォイスとリズミカルかつタイトなサウンドが上手く重なり形成されたバンド。

フジロックの2002 レッドマーキーでのライブは有名。
突如あらわれたUKの若手っていうことで、注目されたね。
はじけまくりのステージとグルーヴは楽しすぎるものです。



well...... FANTASTIC!! Thats GROOOOOOOOOVYYYY!!!!!!
[PR]
by pivote-21 | 2008-10-05 00:29 | Música

ひだまりスケッチ 365


さあ、音で遊ぼうぜ!2


リクエストありだったので、ちょっと入りこんだイントロダクションをしまっす!


c0178114_23533512.jpg



ご存知、DJのみなさん御用達、安心と信頼のパナソニック・テクニークスのターンテーブル

             ”SL-1200 MK3”    です。

一個しかないので、チェケチェケ・チュクチュクやりまくれません。音の幅をひろげたいですねえ

でも質はやはりいいので、これをもっとけば、まちがいねえ。



c0178114_23582429.jpg



パソコンと "KAOSS PAD"

KORG社のはなつエフェクト&サンプラーマシーン カオスパッド!

これは一番新しい型です、そこそこな値段します。でも面白いっす。

自分はギターを使って遊んでます。シンセ素材もグッド。



c0178114_011488.jpg


パソコンの中には話題の"PRO TOOLS LE" 。

家で簡単にレコーディングやミキシングができる優れもの!

ドラムとかなくても打ち込みでサウンドを作れるので、グッドです!

自分のノートパソコンに入れるのが大変だった。エラー発生しまくりフリーズしまくり。

これってなんか微妙なところで動いてるらしく、windowsの最適化が絶対に必須で、準備はしっかりしとかないといけないらしい。
実際自分は1週間くらいかかりました、というのもカスターセンターとメールでやりとり3回ほど。
サポートセンターには感謝感激。

まあ、たのしくやってます。



c0178114_073494.jpg


地元との木津川。 日本じゃないみたい。
[PR]
by pivote-21 | 2008-10-01 00:08 | Música