フットボールと音と映像がスイングする世界をうごめく所


by pivote-21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
football
Música
place
manga
human
expression
book
movie
fashion
video game
animation
feeling
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

link

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

the word from jazzy zone


「FF6における状況と音楽の感情」


1994年4月2日にリリースされたかの有名なFFシリーズの6作目

魔法と機械が織りなす文明という世界

各地にそれぞれの機械文明があり、隠れたところに魔法の文化もあり、
しかしそれらの頂点にたつガストラ帝国は機械と魔法を融合させた独自の文明を作り出し、
「魔導」を兵士や乗り物に活用し頂点に君臨した組織になっている
魔法というのはそもそも過去の遺産で1000年前に滅びたといわれる
「幻獣」を研究することによって魔法を得ることになる

そこで、帝国の兵士として魔導アーマーに乗せられた
ティナ・ブランフォードが炭鉱都市ナルシェに送り込まれたところで物語が始まります


ティナは氷付けの幻獣と出会い、ロックと出会い、帝国と離れナルシェをあとにするのですが、

そこでフィールドに出ます、そのときの音と状況と感情を表現した描写がマッチングしてます



FF6 ティナのテーマ (オーケストラヴァージョン)

このときの感情が心に移入してきます

これから始まる不安と少しばかりの自由を感じる旅の幕開けという感情と
これからは帝国に追われる立場にあるという状況、
ティナ自身が抱えている幻獣への思いがフィールド画面で一人立つ少女と音楽が
たまらなくマッチングしてます
さびしげでどこかロックの優しさに包まれたような音楽です
ティナが背負うすっきりしない思いと哀愁が一気に押し寄せてくる感覚です



そして話は進みまくって
世界崩壊後、仲間集めでの過程でセリス・シェールが動きます
そこでセッツァー・キャッビアーニと再開し、セッツァーの親友だった
今は亡きダリルの愛用の飛空挺ファルコン号にのることを決意し、
仲間を求めてファルコン号で世界を飛びます
そのときの音と状況と感情です


セッツァーがファルコン号を手にするまでの流れとここの最後の曲が「仲間を求めて」

飛空挺を手に入れて次なる仲間の所の場所もつきとめれそうな鳥の道しるべを確認できて
「希望」とこれからの旅の「期待」に胸を膨らませる感情が音を立てて迫ってくるのがわかります
これが最後のフィールドの音楽です、飛空挺に乗っても歩いていてもこの音楽
希望がある、飛躍な音づかいで悲しみなんかとうに忘れたような音と描写です
仲間を求めみんなを集め頂点を倒す自信にみなぎったきらめきがあります


とまあ、フィールド音楽というのはここまでの意思がプレイヤーに伝わってくるわけで
感情移入をさせられ、さもこのファンタジーな世界をティナたちと一緒に旅してる感覚に
おとしいれてくれるわけです

c0178114_1115790.jpg

[PR]
by pivote-21 | 2009-03-29 01:13 | video game

fool on the hill

メインストリームの塔から遠くののばらをみるとさまざまなものが目に入ってきます。

つまり、単純に生きていたらだめだよということ。

しかしながらJAZZはもはやポピュラーミュージックではないのか、クラシックな高級感のあるものに考えられてるのかと思うといやです。


c0178114_2357943.jpg


the black mages

というバンドがあります。
これはかの有名なファイナルファンタジーの主にバトルミュージックをアレンジして生音で表現する集団です。
もちろんファイナルファンタジーの作曲家の植松伸夫先生もキーボード担当として在籍してらっしゃいます。
メタルでシンフォニックなプログレで構成される音が自分のテンションをあげてくれます。



バックにオーケストラを従えてかなでるFF7のラスボスのテーマ曲。

セフィロスの音楽はいいですね、危機感と恐怖な描写が浮かんできます。
洗練されたそしてシンフォニックでプログレちっくな作曲をするノビヨには脱帽です、たぶんノビヨとお会いしたら泣きます。

FFの音楽はシリーズを通して良質です、なぜこれが取り上げられないのか?
まあ別にメインには出てほしくはないですけど。

場面場面に当てはまる考える上での最高の音というのがあり、それを見事に表現してるのがFFとドラクエ。
まあ後にこれは紹介していきたいと思います。
[PR]
by pivote-21 | 2009-03-26 00:11 | Música

我々はショーン・ゴーターを崇拝する。

シンガーソングライターとは
みずから曲を書いて、詩を作り、それを自ら歌う人。

ということで、この国にはすばらしきシンガーソングライターがおります。




奥井亜紀

かの有名な魔法陣グルグルのOP、EDテーマを歌った方です。
すばらしき歌声とポップかつ哀愁感ただよう泣きメロ。
テレビ露出がほぼないため認知度は低めか?
いいものはいいよねえ。




遊佐未森

ノスタルジーな雰囲気とやさしく包みこむような歌声。
柔らかいナチュラルな感覚メロディ。
キャリアは長いです、深みがある。


レッツ、ディギング。
[PR]
by pivote-21 | 2009-03-07 23:08 | Música

viva! funky life!



myspace by pivote-21


マイスペース的なものに登録しました。
よかったらアクセスしてね。


これが答えだ!
[PR]
by pivote-21 | 2009-03-01 01:08 | Música