フットボールと音と映像がスイングする世界をうごめく所


by pivote-21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
football
Música
place
manga
human
expression
book
movie
fashion
video game
animation
feeling
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

link

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

雨上がりの夜空に


ふと

シュールって言葉って

シュールレアリスムのこと?って思うときがある

シュールって言葉はあいまいな気がする、世間一般でシュールってどうなんでしょうな?

難しい、シュールレアリスムって超現実って日本語では訳すらしいけど

う~む、何が真実で何がまちがってるのかよくわかんねえや



某 タモリ倶楽部という番組で、よくやってる企画で「空耳アワ~」ってやつ

やっぱ、あれすごく面白いです。



こっちが日本人で外国語を理解できないのを逆に利用して、
外国の曲をおもしろおかしく日本語に置き換えるってやつ、
たまに奇跡的な作品が生まれることがあり、楽しませてくれる。
しかもこれって投稿作品で、つまりは素人参加型バラエティ。

なんかそういう誰でも受け付けるっていうストリート感覚が面白いものを生み出すのではないか。
ラジオ番組でいう、ハガキ職人のようにそういうところから出てくる人が今後、
作家さんや芸人さんになっていくのかなと思う。
ちょっと昔はゴールデンでやってる、ものまね王座は素人が参加してた
あんときは面白かったのに今は視聴者にこびたモノになってる。

みなさんのおかげでした でやってる細かすぎるモノマネも最近は一部を除いて
細かくなくなってるしね。
ホームチームの檜山さんがよくリングスの人のモノマネをしてたのがすごいおもしろかったのに。
最近はちょっと「細かすぎて伝わるモノマネ」になってきてる。

でもまあストリート感覚というか面白くなければテレビじゃないじゃんという精神は
まだまだ深夜枠を筆頭に残ってる。

くだらないことっていうのが一番おもしろいんじゃないかな

タモさんは まじめにふざけてる 

そういうのが大事です。

だから ガキの使い、アメトーク、麒麟の部屋、そしてめちゃイケ。
3つは深夜だけど、めちゃイケは唯一のゴールデン。

めちゃイケは戦ってると感じますね、あの時間帯でくだらないことやってる
ちょっと前にあった、光浦さんメインの男の人にスキンシップするためだけの企画とか
最高におもしろかったし、
歌へたな芸人さんを集めて、ヘタなものを競わせるやつとかおもしろかった。
めちゃイケはたぶんブレないと思います、片岡飛鳥さんや高須さんや元祖爆笑王さんがいるから。

ハガキ職人しかり、リスナーしかり、視聴者しかり、スタッフしかり、芸人さんしかり、
みんなが勉強して、理解して、面白いものを作っていけたらいいですね、
それが理想郷なのかな。
[PR]
by pivote-21 | 2009-07-28 00:53 | expression

セロ弾きのあいつ


フジテレビの26時間テレビは 某 感動という衝動を間違えた方法で伝えている24時間テレビと違って

おもしろいです 今 さんまさんとしんすけさんとたけしさんが出てました レジェンド!

まああっちのね、24時間テレビはなんか感動やお涙ちょうだいというのを

その人(主に子供)の意志とは無関係にふりまわされてるので嫌いですな クソ食らえじゃ



で、最近は新刊ラッシュの時期でした



c0178114_2233242.jpg



スティールボールランは相変わらず!


アイシールド21も相変わらずさ!!


実は「DEAR BOYS」が好きです もちろんスラムダンクが最高のスポーツ漫画と

信じてやまないが これもすばらしい作品だ

意外とロジカルに考えられるバスケット漫画


「GIANT KILLING」ってなんか主人公のチームのETUを一緒になって応援してしまう

つまりETUの選手がゴールを決めると喜ぶ自分がいる

それだけ感情移入しやすく熱くなる内容

選手の成長やチームとしてクラブとしてのあり方を教えてくれるフットボールロマンが

たくさんつまった漫画です 


やっぱり素敵だね 実学 研究 勉強 「もやしもん」 

今回も素晴らしすぎる内容 自分が今学生でよかった 学生のうちにもやしもんにあえてよかった

お酒が飲みたくなるし お酒について勉強したくなる

これのおかげでまた別のお酒のあり方について考えることができた


とまあ最後に「GARNI」のパンフレット的なものも含めて

世界はみんなこれを待ってるんだよ

GOOD!!
[PR]
by pivote-21 | 2009-07-26 02:41 | manga

live forever

さてさて、夏のカルチョメルカートが来シーズンのフットボールを盛り上げるべく、
各地ではさまざまな移籍が行われていますが、
まあみんなの目を引くのはもちろんあのスペインの白いチームです。
あの会長が戻ってきたせいで、スター選手をスペインの首都に集めまくってますね。
例の赤いチームからポルトガルのドリブル野郎に、
ファッション最先端の町から将来は牧師を目指しドリブルしてる速さが尋常じゃなく速いリアル翼くんの彼
同じスペインの暖かい、オレンジの産地から守りの人を、
フランスの素晴らしいスタディオンのある街から核弾頭みたいなやつなどなど、
補強が絶えない感じになってきたから、もとからいる白いチームの魂や、
オレンジ軍団アタッカーやウイングの人々はどうすんの?っていったように金にモノをいわせたようなゲスい補強をおこなっとる。
そしてカタランのチームは、北欧のテコンドー野郎をこれまたファッション最先端の町のチームから獲得しようとしている。トレードで。
しかもこの条件がPUMAの黒豹コーカサスの王子様プラス移籍金みたいな算出で、獲得しようとしてる。
やはり、テコンドー野郎の力はすさまじいし、その条件はわかる気がするけど、
PUMAの黒豹はすごく前のシーズンでもがんばってたし、点もとってた、この条件はどうだろうな。
ジパングの左KATANAカタランのマイナーなほうのチームに行ったし、
スペインもいろいろあります。
それにあわせて、イタリアもドイツもうごいてますな。


そして、メインのイングランドはどうか?
ややノースイングランドの赤いチームは手堅いのと素晴らしい獲得を発表しました。
まずエクアドルのサイドハーフフランスの若手FWを手堅くゲット、
そしてフリーでなんと、イングランドのもう一つの赤いマージーサイドのチームを離れた後、いまいちなフットボール人生を送ってきたワンダーボーイが入団。
驚きです、しかも背番号が伝統の7、たしかにこの完成された組織力のあるチームなら彼の動きが、
もっと良く引き出されるのではと思います。
だれかが、この赤いチームは、前のチームよりも3倍はシュートチャンスがあるって、
たしかにね、しかもサーの称号を得たスコットランド人67歳も、ワンダーボーイには期待してるみたいだし、
まあきっとやるでしょう。
僕はこのチームが嫌いですけどね。


ほかのチームも動いているのですが、やはり我がOASISが好きなチームの動向は気になるところです。
まえまえから注目されていた、どこぞの石油王のオーナーの資金を使った選手獲得で、
誰をとるんだと注目されていたけど、獲りましたねえ~~。

まずはイングランド第二の都市バーミンガムのチームからイングランドの典型的なセンターハーフ
彼はいいよお、いろんなチームが狙ってたみたいだけど、しかもてっきり前のシーズンからうわさになってた、
マージーサイドの赤いチームに行くもんだと思ってたが、まさかウチが獲るとは、
そしてパラグアイの男前も獲りました。
やっときたかあ、昨シーズンから欲しかったけどね。
そして隣の赤いチームからアルヘンティーナの頑張り屋さんがきましたねえ。
さらにさらにノースロンドンからカヌにあこがれたトーゴ人が来た、これにはびびった。
ていうか、3人もレギュラー級のFWを獲ってどうすんのかねえ、みんな即戦力だし、いったいどうなるやら。
なんか前のほうがにぎやかだ。
このチームもまた、首都がソフィアの人ジンバブエの人ウェールズの悪者若手エクアドル人はどうすんのかな?
だれかは出て行くだろうね。

まあ、ほんとに我がチームの経営方針やチームの作り方が気になるところですね。
金にこびた方針はやめてほしいです。

では、我がチームマンチェスター・シティの今のところの予想フォーメーションを


                            
                      GK ギヴン


           CB マイカー・リチャーズ  CB リチャード・ダン
                   (コンパニー)         (オヌオハ)

SB サパレタ                                 SB ブリッジ
(マイカー・リチャーズ)                             (ガリード) 


          CH デ・ヨンク        CH バリー  
            (コンパニー)       (エラーノ)
            (サパレタ)        (マイクル・ジョンソン)  


SH ショーン・ライト・フィリップス              SH ロビーニョ 
     (アイルランド)                   (マルティン・ペトロフ)
  

                           FW テベス  
                            (ベラミー) 
                            (エラーノ)

                FW アデバイヨル
                 (サンタクルス)
                 (ベンジャミ)

かな?

フットボールにサルゥゥーーー!
c0178114_182513.jpg
 
[PR]
by pivote-21 | 2009-07-23 01:08 | football

テレキャスターのシンラインを買いに行こう


昨日はオールナイトでNEUTRAL NATION 2009 にいきました

NEUTRAL NATION 2009 とは

ニュートラルでボーダレスな音楽的創造の確立
その先にある至高の音楽リゾート

新しい音楽イベントの形が生まれる。
国内外を問わず秀逸なパフォーマンスを魅せる事が出来る
実力派アーティストやDJが集結!

シーンの流行やジャンルや流れに左右されず、
常に中立(ニュートラル)な立ち位置で
あり続けるアーティストのみを厳選セレクトした
至高の音楽リゾートが幕をあける


というイベント

行ったのは大阪会場で

Mice Parade
LITTLE TEMPO
toe
サカナクション
mouse on the keys
AFNICA
ALTZ(F*O*L / ALTZMUSICA)
MONGOOSE (Newtone Rec.)
Daisuke Kakimoto (Fluid/Nutty King Call)
ウリチパン郡
韻シスト
Harp On Mouth Sextet
A.S.P
Vampillia
√thumm
PAJARO SUNRISE ( from Spain )
一二三

メンツが豪華です

mouse on the keysはなかなかよかった
ただラストの曲しか聴けなかったけど
ドラムとキーボード2つという面白い構成
ジャジーな雰囲気とちょいとプログレ感がぐっとくるね

そして次にtoe
空間デザイナーは違う!さすがハイト!
存在感が違う
i dance aloneは感動的だったぜ
mcが意外にすてき

vampilliaは相変わらずですね
ゲスです
唯一無二のエンターテイメントを目指せ

little tempoは楽しそうだったね

ウリチパン郡
うわさのこのバンドはテクってた
なんか新しい形ですな
ドラムがいいよね

最後にmice parade
すてきすぎる!キラキラ!轟音!
2人のクラシックギターかアコギみたいな絡み合いがすごい良い
気持ちがいい瞬間があった
元ムームの女の人の声がすてき
ベース音もいい
ドラムがタイトで正確でパンチがすごい

すばらしい夜でした

音楽っていいね

c0178114_15341066.jpg
c0178114_15342716.jpg

[PR]
by pivote-21 | 2009-07-18 15:34 | Música

クラスニッチがショスー!

うわあぁぁーーーーってなる曲 2

さらに個人的な意見で心が動かされる曲がいっぱいあります。



toe / i dance alone




cymbals / My Brave Face





mogwai / mogwai fear satan





stone roses / I am the Resurrection




くるり / ブレーメン





HUSKING BEE / 摩訶不思議テーゼ





LOW-IQ-01 / Never Shut Up ~ LIttle Giant





ブラジル国歌 Hino Nacional Brasileiro 





the BEATLES / Ticket to ride





RADIOHEAD / High and Dry





Sigur ros / Glósóli





SHING02 / 憂国





Underground Resistance / The Final Frontier





上原ひろみ / time difference





the cinematic orchestra / Flite


音楽って良いです。

素敵な空間へ!
[PR]
by pivote-21 | 2009-07-11 01:28 | Música

バティストゥータがティロー!

うわあぁぁーーーーってなる曲 1

個人的な意見で心が動かされる曲がいっぱいあります。



oasis / champagne supernova




はっぴいえんど / 夏なんです





travis / turn




doves / pounding





battles / atlas





L'Arc~en~Ciel / flower




Malice Mizer / au revoir




BRAHMAN / Plastic Smile




BUDDHA BLAND / 人間発電所





Zeebra ,TWIGY, DEV LARGE / players delight
これはやばい、動画荒いけどジェイソン・ウィリアムズがかっこよすぎ。

その1 終わりです。

音楽っていいね。
[PR]
by pivote-21 | 2009-07-09 00:57 | Música

いともたやすく行われるえげつない行為

c0178114_0434535.jpg

D4C!!


作品にこめる意図というのはなんなのか?

いろいろな表現の仕方があるけど、その先のものってなんなのか?

過程とは?

成長とは?

意志は一人歩きするのか?

はたして本を読むだけでいいのか?

本を読むという先で選択を考えるべきなのか?

美術品をみるだけでいいのか?

そこにこめられてる手法やベクトルを感じとるべきでは?

勉学は必要か?

作品のすべてに勉学の積み重ねがあるのか?

感じることで何か得られるのか?

得られたものは成長なのか?

伝統とは?

かつての黒人文化は口承伝統だったが、そういう伝統から受け継がれてきたものとは?

受け継ぐものとは?

受け継がれるものとは?

立ち向かうものとは?

自然とは?

自然から得られるものとは?

大地とは?

敬うとは?

諦めとは?

工夫とは?

インスピレーションとは?

アイデンティティーとは?

マイノリティーの精神とは?

時間とは?

流れとは?

偉人とは?

未知の世界とは?

すべてを受け入れる覚悟はあるか?


そういう漫画です。ジョジョの奇妙な冒険。

スティールボールランの新刊が出ました。

すばらしい作品です。

ますます荒木先生が好きになりました。

うわさでは荒木先生は波紋を使ってるという。

c0178114_0432184.jpg

[PR]
by pivote-21 | 2009-07-05 00:44 | manga

come on die young


そろそろジョジョ・スティールボールランの新刊がでます。

前からほしかって、やっと手に入れた漫画を読み終えました。

それがこれ ↓

c0178114_2349690.jpg


変人偏屈列伝 

荒木飛呂彦・鬼窪浩久 共同制作

実在する一風かわった人物の生涯をノンフィクションで描いたもの。
原作が荒木飛呂彦先生なので、取り上げる人物は全く聴いたことない人物で変人。
ニコラ・テスラ、タイ・カッブ、コリヤー兄弟、康芳夫、サラ・パーディ・ウィンチェスター、メアリー・マローン
といった面々の人生を描いた人間賛歌。

とくにニコラ・テスラという人の話は面白かった。
彼はエジソンにあこがれ、エジソンの下で働くことになったが、
エジソンの信念、99%の努力に対してのニコラ・テスラの99%のインスピレーション。
この二人の人物の掛け合いでどちら側に賛同できるかってこととか考えるのが楽しい。


いつか荒木先生にお会いしたい。
[PR]
by pivote-21 | 2009-07-03 00:03 | manga