フットボールと音と映像がスイングする世界をうごめく所


by pivote-21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
football
Música
place
manga
human
expression
book
movie
fashion
video game
animation
feeling
未分類

以前の記事

2013年 12月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月

link

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

鉄塔に住もう


服と音楽が密接な関係があるように、

フットボールと音楽にも深いかかわりがあると思います。


wiiのメトロイドがすげえ面白いです、すでにクリアしましたがね。



では今日も、プレミアシップの


c0178114_0223213.jpg


Joe Hart  (ジョー・ハート)

マンチェスター・シティ

われらがマンチェスター・シティの守護神。
数少ないアカデミー上がりの選手で、レギュラー。
近年のイングランド代表はゴールキーパー不足に悩んでいたがついに彼の存在がそれをクリアできた。
俊敏な動き、的確なポジショニングは安定感を生み出す。
昨シーズン、バーミンガムでのローンが彼を一つ上の段階へと上げたであろう。



c0178114_026544.jpg


Kenwyne Jones  (ケンウィン・ジョーンズ)

ストーク・シティ

トリニダート・トバコの身体能力MAX野郎。
前線での彼の高さ、速さは脅威をもたらす、しかもでかい!
NBA選手のような風格がある。
昨シーズンにプレミアデビューでサンダーランドに移籍してきた、そして今シーズンからはストーク。
この選手も、もっと周りがすごい選手なら彼のポストプレーなどはもっと生きるだろう。



c0178114_030273.jpg


Kevin Nolan (ケヴィン・ノーラン)

ニューカッスル・ユナイテッド

イングランド人らしい1.5列目のプレイヤー。
闘争心という戦う気持ちを全面に押し出すプレイヤー。
力強く、縦に強い、強靭なスタイル。クラシカルな魅力を感じる。
超個性派軍団のニューカッスルの中核を担うすばらしく重要なフットボーラー。
This is Footballer


変な世の中になってるね最近。

だからフットボールを純粋に楽しみたい
[PR]
by pivote-21 | 2010-09-28 00:35 | football

SNARE HANGAR


最近のヨーロッパのリーグで日本人旋風がじわじわと巻き起こってる。

形となって、結果となってきていることにうれしい。

香川のドルトムントと長友のチェゼーナが各国でいい成績をのこしてる。

しかも、明らかに、この二人はそれぞれのクラブで重要な存在になっている。



では、またプレミアシップの


c0178114_163764.jpg


Lee Cattermole  (リー・カッターモール)

サンダーランド

イングランドの若手。イングランドの新星の潰し屋。
相手のチャンスを一番つぶしに行くスタイルは喧嘩のようだ。
1試合でイエローやレッドカードをもらう確率が極めて高いプレイヤー。
荒くれな期待のプレイヤー。


c0178114_1144977.jpg


Christopher Samba  (クリストファー・サンバ)

ブラックバーン・ローヴァーズ

コンゴ共和国のフットボーラー。サンバって名前がいいね。
規格外のでかさ、強さ、パワフルなDF。
今のビッグサムのブラックバーンの戦術ではFWも任される場面もある。
パワープレイに徹したときの彼のプレーは必見。
そろそろビッグクラブも目をつけるんじゃあないか?


c0178114_1193759.jpg


Josh McEachran (ジョシュ・マクイクラン)

チェルシー

今年5月のU-17欧州選手権優勝も経験したU-17イングランド代表MFジョシュ・マクイクラン。
プレミアシップ、英国メディアがこぞって注目している、チェルシーの期待の選手。
かなりいい選手らしいです。
この前にプレミアデビューを飾りました、スピードあるテクニシャンなプレイでした。
少しの時間しか出てないが、確かにカクタ、スターリッジと並んでチェルシーの若手としてブレイクしそう。
攻撃的MFのポジションで、攻撃にアクセント、ダイナミズムを生み出す。
これからリーグやカップ戦、特にカーリングカップでは確実に出てくるでしょう。
どれほど良質かこれから問われるでしょう。



最近フットボール以外おもしろくないなあ。

来月、中国に行きますが、なんか今、日中間の情勢が悪いので、襲われたらどうしよう・・・。
[PR]
by pivote-21 | 2010-09-22 01:27 | football

題名のない・・・


なにか最近一石投じてやろうと考えてます。

納得いかないことが多すぎて、多すぎて。



では今回も、プレミアシップ注目選手


c0178114_2354382.jpg


Stephen Hunt (スティーブン・ハント)

ウォルター・ハンプトン・ウルブズ

アイルランド代表でもある彼。プレミアシップとチャンピオンシップを行き来するようなクラブに常に在籍しているハント。
左サイドアタッカーで、攻撃にアクセントをつける。
しかも得点力があり、常に在籍するクラブでは重要な役割を担っているような気がする。
そういえば、ツェフの頭蓋骨を折った人でしたね。



c0178114_01668.jpg


Hugo Rodallega (ウーゴ・ロダジェガ)

ウィガン

開幕からいまいち調子のでないウィガンで期待が持てる左サイドアタッカーの選手。
昨シーズンは残留争いのなか、一人でシーズン二桁ゴールをマークした。
コロンビア代表でもあるが、もう少しプレミアになれればもっと上にいける選手かもしれない。



c0178114_071635.jpg


Mark Noble (マーク・ノーブル)

ウェストハム・ユナイテッド

そろそろ大爆発してもいいんじゃあないか?
プレミアシップにも散らばっているウェストハムアカデミーのエリートさん。
ここのところのウェストハムのチーム状況などの環境下ではもしかしたら上にはいけないかも、なので環境が変わったり、強いチームに移籍した場合には彼の才能はもっと開花するかもしれない。
まあ、すでにウェストハムではパーカーと並ぶほどの風格さえも感じられる。
新時代のイングランド代表にノーブルなくして時代はすすまんだろ



ヨーロッパリーグ見て思ったこと。

デルピエロは恐ろしくセンスがあるし、上手い。
ファンタジスタと呼んでいい人物。
[PR]
by pivote-21 | 2010-09-19 00:13 | football

ニューヨークで鬼ゴッコ


最近、改めて感じたことがあります。

やっぱ、「ろくでないブルース」は面白い。

森田まさのり先生の作品は面白いものばかりだなあ。


ということで、今日もプレミアシップ注目選手。


c0178114_0334040.jpg


Adam Johnson (アダム・ジョンソン)

マンチェスター・シティ

そろそろマイチームの人材を。
イングランドの若手ではトップクラスのサイドアタッカー。
ドリブル、パス能力、イマジネーションに秀でて、特にスピードに乗ると手に負えないものだ。
今現在、ウォルコットの対抗馬はこいつだろう。
バロテッリ、ミルナー、シルヴァの加入でポジションを奪われる心配をしていたが、開幕戦何試合か見たときに、自分としては彼がサイドハーフではファーストチョイスですね。



c0178114_0405032.jpg


Chung-Yong Lee (イ・チョンヨン)

ボルトン・ワンダラーズ

韓国代表のテクニシャン。
韓国のフットボーラーって最近良いプレイヤーが増えてる気がします。
その中ではおそらく一番センスがあるような、というかボルトンでは彼が一番上手い気がする。
線は細いが、キープ力があって、前でもかき回せる。



c0178114_0455351.jpg


Chris Smalling (クリス・スモーリング)

マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスターの赤いほうの新鋭 、 ポスト リオ・ファーディナンド
大型のDFでありながら、スピードもかねそろえたまさに理想のセンターバック。
ファーギーも惚れ込んだ才能であり、昨シーズンの途中からすでにマンチェスター・ユナイテッド入りが決まっていた。



さて、UKロックはフットボールに合うよね
[PR]
by pivote-21 | 2010-09-14 00:53 | football

私たちのひとまわり上の方々はすごい


さっき Man Utd. vs Everton の試合を見終えました。

Man Utd.はさすがにスコールズなどいい選手がマジにいい活躍をするので、今年はユナイテッドの年かもしれないと感じました。
あのジネディーヌ・ジダンがスコールズに対して、「完璧なフットボーラー。一緒にプレーできなかったのが、心残り」と称するほど、スコールズの最近のプレーは常軌を逸している。


ということで、再び注目選手。


c0178114_021948.jpg


Paul Koncheskey (ポール・コンチェスキー)

リヴァプール

今季フルハムからリヴァプールに移籍してきた、イングランドらしいイカつい顔のサイドバック。
平均点以上の能力を携え、フットボールをしっているサイドバック。
安定感と2年に一回ほど強烈なミドルシュートを決めてるかなという印象を受ける屈強なやつ。
こういうやつがリヴァプールにはいってよかったね



c0178114_031451.jpg


Joey Barton & Alan Smith  (ジョーイ・バートン アラン・スミス)

ニューカッスル

今季チャンピオンシップから昇格してきた古豪ニューカッスル・ユナイテッド。
そして久しぶりにやつらの姿が!悪童がプレミアシップに帰ってきた!
ルーニーなんて赤子も同然、やつらはマジでアウトローなやつらだ。
ジョーイ・バートンとアラン・スミスのセントラルミッドフィルダーコンビはプレミア最凶コンビだぜ。
バートンのパスワークとスミスの献身的な動きと前への姿勢はバランスのとれた中盤に。
開幕2戦目のバートンの痛快ミドルは成長の見れた結果だった。すこし大人になった2人に是が非でも注目してしまう。
ちなみにバートンはシティ時代に写真を撮ってもらいました、意外といいやつ。




c0178114_0442511.jpg


Leighton Baines (レイトン・ベインズ)

エヴァートン

イングランドのまだまだ若手の左サイドバック。
攻撃型でスピードもあり、クロスも正確、さらにたまにフリーキックも任されるほど、彼の左足の精度は目を見張るものがある。
アシュリー・コールが駄目なときは彼をイングランド代表の左サイドにするべきだと思う。



不思議にも、マージーサイドの左サイドバックに焦点が当たりました。インスピレーションに従ったらこうなった。

まだまだいます。

マージーサイドダービーを楽しもう
[PR]
by pivote-21 | 2010-09-12 00:50 | football

ユーモアは天才の一要素である。


寝てもさめてもフットボールが面白すぎるので、最近はフットボールを毎日でもやりたいし見たい。

プレミアシップも始まりましたし、いろいろな特徴を持ったチームがあって面白いね。

そこで、今季の注目選手を



c0178114_0581545.jpg


Marc Albrighton (マーク・オルブライトン)

アストン・ヴィラ所属 

イングランドの若手、今年ブレイクします!
まだ21歳くらい。
サイドで仕掛けることもできるし、テクニックもある。縦に抜けるスピードがあり、突破力に長けてる。
調子に乗れば、ガンガン一人でいけるタイプかな。
やはりイングランドにはサイドでいい選手がでてくる国っていうのが改めて分かる。



c0178114_155156.jpg


Giovanni Dos Santos (ジョバンニ・ドス・サントス)

トッテナム・ホットスパー所属

メヒコの太陽はロンドンでも輝くぜ。
南アフリカワールドカップでやはりあいつはすごいと世間に知らしめたロナウジーニョ・ガウショ2世。
対シティ戦で途中交代で出てきたときには、彼の突破、スピードにインパクトがあった。
というか明らかに調子が良くて、キレキレな雰囲気は感じ取れた。
さすがだなあ



c0178114_1184163.jpg


Lee Bowyer (リー・ボウヤー)

バーミンガム・シティ所属

かつての悪童もベテランの域に達したが、今でも感情むき出しのプレーは見れる。
昨シーズンのバーミンガムの躍進を支えたキープレイヤーであり、今季もチームの支柱的存在。
戦力補強も充実のバーミンガムの中でクラシックな魅力を放つ彼に注目したい。


まだまだいるので、続きは次回

フットボールを楽しもう
[PR]
by pivote-21 | 2010-09-11 01:25 | football

ゴールドエクスペリエンスレクイエム




Blue Moon,
You saw me standing alone,
Without a dream in my heart,
Without a love of my own




さあ、フットボールを楽しもう!

イングランド・プレミアシップの面白いところはチャントが自然発生するところ
[PR]
by pivote-21 | 2010-09-03 00:54 | football